相続に関するお手続き

人が亡くなると、その人の権利や義務はその相続人に受け継がれます。まずは亡くなった方(被相続人)の出生から死亡時までの戸籍を収集し、親族のだれが相続人となるのかを特定させていきましょう。

上の戸籍集めと同時に行っていきたいのが、遺言の有無の調査です。遺言がありそうな場所を探したり、公証役場に問い合わせてみると良いでしょう。

相続人が特定されたら、どんなプラスの相続財産があるのか、マイナスの相続財産(借金など)はどのくらいあるのかを調査してみましょう。この調査によりマイナスの相続財産の方が多いと判断されたら、相続の放棄を考えてみてもよいと思います(相続放棄には期限がありますので、要注意です)。

その後は、プラスとマイナスの相続財産をどのように相続人で分けるのか・・という協議を行っていくことになります(遺言がない場合)。この時、相続人の中に未成年者がいたり、認知症と思われる方がいる場合は、家庭裁判所を通じて代理人を立てていく必要があります。

相続に関するお手続きでなにかご心配な点がありましたら、その部分のみご依頼を受けることも可能です。

お問い合わせはこちらへ